昭和の高度経済成長期の時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)に喘息の子どもたちが増えたことは今はもう昔の話かと言って、大気汚染・空気汚染が喘息の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を飛躍的悪化させることは間違いないのです。このことから、当然、タバコが喘息によくないことはどんな人でも判るのではないでしょうか。喘息とは気管支がなんらかの原因によって狭窄を起こしてしまい、呼吸困難の発作を引き起してしまう病気です。その何らかの原因とは、ほとんどの場合、アレルギー症状である場合が多く、アレルゲン(吸入性アレルゲン、刺咬性アレルゲン、食餌性アレルゲン、薬剤性アレルゲンなどに分けられています)となるものは人それぞれで違います。同じ喘息でも特定の食べ物で発作を起こす人もいれば、同じ食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)には全く問題ない人もいます。では、タバコやアルコールが直接発作を引き起こすアレルゲンとなるのかって言えね、そういうわけではありません。直接喘息を引き起こすわけではないけれど、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を悪化させたり、発作を引き起こす引き金となったり、発作の症状を悪化させる危険があるとしてす。タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)は煙をすい込むため、咳き込む原因となる可能性が大いにあります。その咳き込みが喘息の発作を引き起こす要因となる可能性は大いに多々あるのです。では、アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)はどうでしょう?アルコールは血管を膨張させることが知られています。この為、花粉症の方は経験があると思いますが、アルコール摂取によって鼻の中の毛細血管(一層の内皮細胞だけで構成されています)が膨張し、鼻づまりのような症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)になり、鼻での呼吸が出来なくなります。つまり、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)によっても気管の毛細血管(赤血球がようやく通り抜けられるくらいの太さしかないところもあります)が膨張して気管を狭窄さてしまうので、喘息発作を引き起こしやすくなる要因になるわけですー